« 2010年4月 | トップページ | 2011年1月 »

2010年7月

2010年7月24日 (土)

資産運用の注意点

実際の資産運用にあたって気にしたいことは、資産配分とリスク許容度です。
一般的に、20 代、30 代は運用期間が長く、思いどおりの運用成果が上げられなくても後々ばん回する機会が多いためリスク許容度は大きく、年齢が高まるにつれてリスク許容度は小さくなっていくといわれます。
リスク許容度は年齢のほか、将来の収支見通しやリスクに対する考え方などによっても変わってきます。
資産配分は、一般的に株式の比率が高いとリスクが高く、その分価格のブレ幅も大きくなります。
資産配分が今の自分のリスク許容度と合っているか十分考えて、年齢等の変化に合わせて資産配分も変えていくといった運用がよいのではないでしょうか。


外国株外国株式購入株式購入老後資金株 入門

|

« 2010年4月 | トップページ | 2011年1月 »